退院翌日に微量の耳垂れが・・・

無事退院して、自宅に戻り、その日の夜は久しぶりの自宅でのんびり過ごしました。
入院中は、夏ということもあり、病院ではシャワーのみで過ごしていましたが、自宅に帰り久しぶりに湯船につかりました。

やはり、湯船につかると、手術した右耳は、ドクドク心臓の音のような音がしてきます。
お風呂からあがり、数時間すると収まっていく感じでした。

そして翌日。
会社も翌日は休日をとっていましたので、のんびり過ごすことにしていました。
翌日、朝起きて、変わりがない状態と感じていた耳ですが、数時間後、右耳の中が何かくすぐったいような感じ。

耳垂れを経験している人はわかると思いますが、耳垂れが出てくるときの「もぞもぞ」したくすぐったい感じです。

あれ? と思い、耳の入口を少し綿棒でさわると、薄く赤い血が混じった耳垂れが、少しついていました。

入院中、耳の中の脱脂綿をとった状態でも、出てこなかった耳垂れが、なんで退院翌日に?

量は、綿棒の先にほんの少しついている状態です。

このままほっといていいのだろうか? 30年以上前にうまくふさがらなかったこともあり、やはりほっとけない。と思い、病院が開く時間に電話して、先生に聞いてもらうことにしました。
(行けばよかったのですが、病院までが遠い為、電話しました。)

すると、まだ診察が始まる前だった為、「すぐに先生に確認してみますね。」と言っていただきました。

先生の回答が、「つぎつぎ中から出てくるようだったら、診察にきてほしい。少量で、今は、中からでてくるような感じがなければ、様子を見てください。」とのことでした。

幸い、はじめの綿棒についている状態から、あらたに耳垂れが出てきている感じはありませんでしたので、1日様子を見ることにしました。
翌日からも、耳垂れはありませんでした。

そのまま、特にかわったことはなく、1週間後の診察に行きました。

その時、翌日の耳垂れのことを再度聞きましたが、耳の中を診られた先生からは、「中は変わりなくきれいな状態ですよ。」と言われ安心しました。
「中に少し残っていたものが出てきたのでしょう。」ということでした。
残っていたものとは、憶測ですが、のちに「かさぶた」になるものだと思います。

退院後の状態と1週間目の通院 でも少し書きましたが、新しい鼓膜を接合した部分は、「かさぶた」になり乾いたら、普通に取れてでてきます。

その、かさぶたになる前の状態(液体)が少し翌日に出てきたのだと思います。
(もしかしたら、退院当日の夜、お風呂の浴槽に浸かったことで、体が温められたことで、出てきたのかもしれません。←この部分は、あくまで私の憶測ですが。笑)

その後は、ずっと数か月たった今でも、耳垂れ、中耳炎にもなっていません。



カテゴリ:鼓室形成術 退院後の経過2016
←前の記事に戻る【Ⅲ-①退院後に注意すること(したこと)
次の記事に進む→【Ⅲ-③退院翌日に薬疹?らしき湿疹が・・・